>>ブログトップへ

6 月 26 2018

【肋間神経痛】胸部、脇下の痛みで動作がつらい、腕を挙げにくい・・・名古屋、一宮、無痛整体、気功

12:00 AM お知らせ

東区のE様、有難うございました。

胸部、脇下辺りの肋骨上が痛いのと、動作によっては痛みが強いので病院に行ったところ、肋間神経痛と言われ鎮痛剤を服用しているが、こわばりが強く、身体を捻じったり、寝返りをしようとするだけで痛みが強いので改善したいです、とのご相談です。

身体を診てみると、猫背がひどく体幹傾き有りで右肩下がりの不良姿勢、大胸筋、前鋸筋、肋間筋、横隔膜等、胸部の筋筋膜に圧痛・硬結ありで、身体の左右回旋、深呼吸する際に痛みが生じます。

まずは無痛スパイラル矯正で痛くない安全な調整を行い、筋肉・骨格のトータルバランスを改善します。

痛み・筋肉の硬結は、痛い患部をグリグリ揉んだり、押したりせずインナーマッスル【深層筋】、トリガーポイントまでをも弛緩させる気功セラピーで、安全・迅速に痛みを解消させます。

Eさんに痛み具合・姿勢の変化を確認してもらいました。

「胸部、脇下の痛みとこわばりが無くなり、身体を捻じる動作とか深呼吸しても痛くなくなりました!今は猫背が改善し胸の圧迫がなくなったせいか呼吸がすごく楽です。」とEさん。

猫背・不良姿勢から正常姿勢であるSの字ラインの姿勢になりますと、胸が開き肺の圧迫が無くなり呼吸がしやすくなります。

『姿勢が悪い』だけでは済まされない内側の色々な疾病の原因にもなりかねませんので、早めの改善をお勧めします。

有難うございました。

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

ページトップへ