>>ブログトップへ

9 月 23 2013

【オスグッド病】成長痛による膝痛、野球で股関節を痛めた・・・名古屋、中区、栄、一宮、無痛整体

8:59 PM お知らせ

北名古屋市のM様、有難うございました。

中学生の男子だが部活で野球をして股関節・膝関節を捻じったようで、膝下(お皿)周りに痛みが生じ改善しない、特に膝下の痛みは以前オスグッド病と病院で診断されているが改善しない、姿勢の悪さ・身体の歪みも改善したいです、とのご相談です。

身体を診てみると、猫背、体幹傾きで右肩下がりの不良姿勢、脊椎・骨盤変位有り、股関節・膝関節ズレ有りで脚長差1、5cmと歪み・バランス異常です。

痛みは、股関節・膝下【お皿】にかけての、腸腰筋、外側広筋、膝窩筋、脛骨結節に強い痛みが有り、歩行も違和感、痛みが有る状態です。

毎日激しい運動・スポーツをし続けていると、絶えず膝回りの筋肉の付着部分が引っ張られ(伸縮)、膝に負荷が掛かり過ぎることで、膝下の骨が隆起・脛骨粗面が剥がれてしまう…これが、オスグット病です。

まずは気功整体による無痛矯正で痛くない安全な調整を行い、ボキボキすることなく筋肉・骨格のトータルバランスを改善します。

痛み・筋肉の硬結は、痛い患部をグリグリ揉んだり、押したりせずインナーマッスル【深層筋】、トリガーポイントまでをも弛緩させる気功セラピーで、安全・迅速に痛みを解消させます。
Mさんに痛み具合・姿勢の変化を確認してもらいました。
「股関節、膝の痛みと違和感が無くなり、歩行が楽です!身体の傾き、骨盤歪み・バランスの崩れが思ったより有って心配でしたが、今は鏡を見ても姿勢が良くなり、肩も左右均等になっており良かったです。」とMさん。
そうですね、『痛い股関節が悪い』というよりも『股関節に負担がかかる身体の壊れ方が有る』という考え方でトータルバランス重視の身体の診かたをしますので、対症療法的な患部を揉みほぐす施術ではありません。
突発的・慢性的な筋肉トラブル・痛みでお困りの方はご相談下さい・・・
有難うございました。

Comments are closed at this time.

Trackback URI |

ページトップへ