>>ブログトップへ

3 月 30 2011

腰痛、座ったり立ったりが苦痛【椎間板ヘルニア】・・・名古屋、中区、栄、一宮、気功整体

7:09 PM お知らせ

東区のI様、有難うございました。

腰痛がひどく、病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断され、通院、薬の服用等治療を続けていたが芳しくなく、最近では、しゃがんだり、立ったりする動作で痛みが生じる、朝起きた時、ちょっとの間腰が痛くて起き上がれない、といった状態です、とのご相談です。

身体を診てみると、体幹傾き・猫背の不良姿勢、脊椎・骨盤変位有り、足の左右差2.5cmと歪み・バランス異常であり、起立筋、腰方形筋、広背筋に圧痛、カチカチになった筋肉の硬結が有ります。

動作確認ではやはり、座って立つ際に痛みが強い状態ですので解消させる必要が有ります。

体幹傾き、捻じれがあるという事は、筋肉・骨格も傾き、捻じれていると解釈すると、当然重心バランスに偏りが生じ、椎間板に偏った負荷がかかりやすくなる場合が有り、「痛い腰が悪い」といった考え方よりも、「腰が痛くなるような身体の壊れ方(歪み)がある、という考え方で身体を診ます。

まずは気功整体による、痛くない無痛矯正で筋肉・骨格バランスを改善、痛み・筋肉の硬結は、痛い患部を揉んだり、押したりしない施術で、インナーマッスル(深層筋)までをも弛緩させる事が可能な気功セラピーで痛みを解消させます。

Iさんに痛み具合・姿勢の変化を確認してもらいました。

「今しゃがんだり立ったりしても普通にでき、痛みもありません!背筋も以前のように傾いてなく反ってますが、無理が有りませんね。もっとボキボキ強い力でやると思ってましたが、痛くなくズレが揃っていくのはちょっとビックリです。」とIさん。

そうですね、こちらのやり方は無痛矯正ですので、施術後の変化した後もさほど無理な感じが無く、むしろバランス感が前と違う、身体が軽い、といった感想を述べる方が多いです。

「身体が歪んでると思うが、あまり強いやり方や、ボキボキされるのはチョット・・・」といった方はご相談下さい。

有難うございました。

Comments are closed at this time.

Trackback URI |

ページトップへ