>>ブログトップへ

9 月 04 2020

変形性股関節症による股関節・鼠径部の痛みで歩行しにくい・・・名古屋、一宮、無痛整体、気功

12:31 AM お知らせ

千種区のT様、有難うございました。

右股関節・鼠径部に痛みが生じるので病院でレントゲン検査したところ、MRI検査をしたら『変形性股関節症・股関節炎』と診断を受け鎮痛剤を服用、最近では長時間歩くと痛むので心配です、何か他に原因が有るかもしれない、と今回お越し下さいました。

身体を診てみると、猫背・傾きの不良姿勢、骨盤変位・股関節ズレあり、足の左右差1,5cmと歪み・バランス異常であり、この状態では、左右の足の条件が均等ではない為、立つ、歩く、といった日常的な動作で負担が生じやすくなります。

痛みは股関節周辺の筋肉・靭帯で、腸腰筋、大腿筋膜張筋、鼠径靭帯、中殿筋、梨状筋に圧痛・硬結有りで、股関節の屈曲・外転動作が困難です。

まずは気功整体による身体に無理のない無痛矯正を行い、筋肉・骨格バランスを改善します。

痛みは、気功セラピーによる痛む患部を揉んだり、押したりしない施術で筋肉を弛緩、痛みを解消させます。

Tさんに痛み具合・姿勢を確認してもらいました。

「施術前は足の長さや骨盤が思ったよりズレていましたが、矯正後は均等になり両足にかかるバランス配分が良くなったせいか痛みが無いです!矯正も痛くないやり方で良かったです。」とTさん。

『痛い股関節が悪い』というよりも『股関節に負担ががかる身体の壊れ方(歪み・バランス異常)が有る』といったトータルバランス重視での身体の見かたを行い無痛で矯正を行いますので、対症療法的な患部を揉みほぐしたり、といった施術では有りません。

「身体の歪み・バランスの悪さを改善したいが、痛いやり方・ボキボキ整体は苦手で・・・」といった不安が有る方は是非ご相談下さい・・・

有難うございました。

Comments are closed at this time.

Trackback URI |

ページトップへ